Wedding Party Report/ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > Wedding Party Report

Wedding Party Report

堂迫 与人様&麻美様 ご夫妻

- お客様より

サルーテ竹芝の良さは何とも言ってもローケーションです。
大好きな海を眺めながら結婚式が出来るなんて本当に嬉しいことでした。
披露パーティではゴスペルライブでゲストと楽しく踊れたこともいい思い出になっています。
自分たちが夢見ていた手作りの結婚式を実現出来たのがサルーテでした!
自分たちの結婚式のあとにお友達の結婚式に何回か出ましたが、1日自分らしく過ごせたサルーテが一番だと思いました(笑) 「もう1回サルーテで結婚式をしたい!!」と今でも思っています。

 

report-w05.jpg

 

- 担当者より

初めてお二人と会った日に「ステキ~!!」を連発していた麻美さんを今でも忘れられません。
お二人にはたくさんの大切なものとこだわりがありました。

新郎さまは愛車であるバイクの「ハーレー」です。
ツーリング仲間も当日はご出席いただくこともあり、お店の前には新郎さまの愛車をウェルカムボードにしてゲストをお迎えしました。ゲストはレストランの店内に入る前には新郎さまの愛車に見入っていたり、一緒に写真を撮ったりしていました。もちろんお二人も愛車と一緒にたくさんのお写真を撮りました。新婦さまはお母様の手作りのドレスでした。
サイズはもちろん、麻美さんのイメージにピッタリのシンプルながらとてもエレガントなラインなドレスで、お母様もとても嬉しそうに麻美さんを見ていらっしゃいました。

お二人の思い出にも強く残っているゴスペルライブには実はサプライズがありました。
結婚式の後ではありましたが、同じ月に麻美さんのお誕生日が控えていましたので、新郎さまと麻美さんには内緒で携帯電話で打合せをして、ゴスペルのシンガーにライブの一番最後に麻美さんにサプライズでバースディソングを贈っていただきました。新郎さまからは少し早いバースディプレゼントが贈られて、麻美さんの嬉しい涙に新郎さまも照れ笑いでした。その時のゲストから贈られた大きな拍手の音が今でも忘れられません。

新郎さまがお帰り際に言った「もう一度結婚式をしてもいいぐらい楽しかった」という言葉もスタッフ一同嬉しいことでした。お二人は結婚記念日にはお店に来ていただいていたりで、少しずつご夫婦らしくなってくる様子も今はお店のスタッフも楽しみの一つです。

阿部 正志様&直子様 ご夫妻

- お客様より

結婚式当日は天気も良く、晴天の下で式を挙げられて良かったです。
式の後のバルーンリリースで鳩バルーンが空に吸い込まれるのが印象に残っています。
ゴスペルを伴っての登場でのみんなの驚きと、その後のみんなのダンスも印象に残ってます。
バルーンとゴスペルは頼んで良かったです。

report-w04.jpg

- 担当者より

ご友人がとても多いお二人はとにかく楽しい披露パーティを実現していただきました。
会場のお花も秋らしく実の付いたお花やまつぼっくり、栗、そしてお二人が八百屋さんで直接選んで購入かぼちゃ(笑)などを使って装飾しました。お二人の思惑通りにゲストもビックリしながらも気に入っていただいたようでした。

またフローリストとのお打合せの中で直子さんらしいハツラツとしたとても個性的なイメージのブーケも印象的だったようでした。ウェディングケーキもお二人の共通の趣味であるスキーから、雪山からお二人がスキーで滑っている風景を再現したり・・・ゲストに楽しんでいただけるようにたくさんのこだわりを持ってご準備をなさいました。挙式のバルーンリリースはお二人は鳩の形をしたハトバルーンをリリースし、ゲストのバルーンの中で2匹のハトバルーンが舞い上がっていく様子とゲストの歓声が今でも忘れられないシーンの一つです。

とにかく、楽しいことがたくさん詰まっていたお二人の披露パーティで、ゴスペルライブではお二人とゴスペルシンガーが吹き抜けの階段から生歌で再入場をしました。ゲスト、親族までもご一緒に盛り上がっていたのでシンガーもお二人にチークダンスをリクエストして踊らせたり、ゴスペルライブの後は直子さんがお二人のお気に入りの日本酒を持って、ビールサーバーを新郎さまが背負ってゲストのご要望の飲み物をサービスしてゲストとも会話も盛り上がっていました。

ゲストがご来店からお帰りまで笑い声の絶えない1日でした。お帰りの時にはゲストはテーブル装飾の中にあった栗やカボチャもお持ち帰りいただいて、お開き後もエレトランスではそんな会話でしばらく余韻を楽しんでいただきました。和やかな楽しいパーティでした。

越後 賢太郎様&啓子様 ご夫妻

report-w03.jpg

- 担当者より

お二人のウェディングのテーマは「おもちゃ箱」
ご友人中心でのパーティでとにかく、堅苦しくないパーティにしたいとのご要望でした。
ゲストをお迎えしたのはウェルカムボードは新郎さまのバイクと受付のテーブルには写真を撮るのが得意な新郎さまの今までの作品の写真をシートにはさんでゲストに受付をしながら、見ていだきました(笑)そして、店内に入ると入り口に目の前にあるワインセラーはこの日は全てワインを撤去して、新郎さまのコレクションの「チョロQ」をディスプレーをしました。

ここで披露パーティ中に新郎さまがゲストのご友人にコレクションの説明をされていました(笑)
また、おもちゃ箱がテーマということで会場内はいろんなおもちゃがディスプレーされました。
啓子さんは「たれぱんだ」のキャラクターが大好きということで、司会者の台だったりウェディングケーキ周りやメインテーブルのお花の中にたれぱんだを入れてディスプレーしました。

シンプルな店内だけに、バイクや写真、リングピローもおもちゃが使われ、チョロQやたれぱんだもお二人の部屋のようにバランスよく収まりました。また、ウェディングケーキは啓子さんがデザインを担当し、たれぱんだをモチーフとしたいくつかのデザインの中からお選びいただいたたれぱんだのオリジナルウェディングケーキでした。これもゲストにととってもインパクトがあったようです。

前日は新郎さまのお誕生日だったので、啓子さんと啓子さんのご友人で新郎さまにはサプライズでバースディセレモニーをしました。
新郎さまは全く気付いてらしゃらないようで、突然のことにかなりビックリされてました。啓子さんのご友人ゲストから帽子をかぶらされ、ゲストの生歌で啓子さんがバースディケーキを持ってきてキャンドルの炎を吹き消していただきました。忘れられないバースディのセレモニーになったのではと思います。また、お二人の出会いはカラオケで、新郎さまは啓子さんの歌の上手なことに感動したそうです。そういったところから、新婦啓子さんから感謝の気持ちを込めて歌の披露もありました。本当にお上手でゲストも聞きほれてました。
おもちゃ箱のテーマにふさわしい楽しいウェディングの1日となりました。

山田 裕和様&久美子様 ご夫妻

report-w02.jpg

 

- 担当者より

お二人のウェディングはたくさんのゲストが、特にお子様ゲストが色々なシーンで登場しました。
挙式ではお子様ゲストがブーケプレゼンターを始め、ベールガールやフラワーガール、リングプレゼンターが結婚式を盛り上げてくれました。ブーケ&ブートニアのセレモニーで新郎さまはまだしっかりとしてなかったという久美子さんへのプロポーズをしました。その時にお二人へ贈られたゲストからの拍手の大きさを今でも鮮明に思い出せます。結婚式の中で婚姻届に署名をしたので、お二人にとっても本当に心に残るシーンになったのではないかと思います。

披露パーティでも3歳のお子様ゲストが乾杯の発声を務めていただきました(笑)お子様のかわいい声で「おめでとー、かんぱいー!!」という発声にはお子様ゲストへも大きな拍手が送られました。
披露パーティの内容もそうですが、お二人は当日までにいろんなことにこだわりをもってご用意をされました。ドレスもたくさんのショップをまわって、新郎さまもご一緒にドレスショップに行った後にお店にお立ち寄りいただいて、3人でどれが一番久美子さんにお似合いになるか、ゲストがビックリしてくれるかと作戦会議をしたり、ドレスショップの方に小物の作り方を教えていただいて、小物を作ってそれも当日身につけました。ウェルカムボード、ブーケを始めとする会場の装花、たくさんのこだわりをカタチとして残されました。

披露パーティのエンディングではお二人の退場前にゲスト全員で万歳三唱をしました。
新郎さまのお父様が紋付袴のお姿で一番大きな声で「バンザーイ!!」とどなたよりもご唱和されていたシーンも忘れられないです。
お二人はその後2次会も引き続き、サルーテでしていただきました。
お開き後2次会までの間に結婚式で署名した婚姻届を持ちドレスのままで、ビデオ係のご友人と一緒にご入籍に区役所へ行かれました。区役所近辺では注目の的だったそうです(笑)
お昼の披露パーティ、夜の2次会は全く違う雰囲気で進行を進められ、たくさんのゲストに囲まれて楽しく過ごされていました。

福島 紀雄様&ひとみ様 ご夫妻

- お客様より

リラックスした雰囲気で楽しい結婚式にしたいという私たちの思いがサルーテのスタッフの皆様のお陰で全てを実現することが出来ました。
二人の出会いの場所であり、思い出の「山」のウェディングケーキが私たちの予想以上にステキなウェディングケーキになって現れてとてもビックリして印象に残っています。
私たちもゲストも我が家で過ごしたように和やかなアットホームな1日でした。

 

report-w01.jpg

 

- 担当者より

いつお目にかかっても穏やかなお二人が望まれたのはアットホームな緊張しないウェディングスタイルでした。
結婚式は一生に一回のことだから少しの緊張は仕方ないとは思いましたが、その分披露パーティは形式ばらずに自宅にゲストをお招きしたような「ホームパーティ」を意識して進行の打合せをしました。

お二人の出会いは関東と関西で離れて住んでいたのですが、共通の趣味である「登山が出会いのきっかけでした。まさにそのお二人が出会った山の写真をたくさんお持ちいただいて、作り上げたウェディングケーキはきっとパティシェ泣かせだったのではと思います(笑)私たちスタッフは出会った山が分からないので、当日新郎さまが「僕たちの出会った山そのものです!」っていっていただいた時にはホッとした記憶があります。
そして、スタッフにインパクト大だったこのケーキはゲストにとってもそのご様子で、ウェディングケーキの周りにはゲストが途切れることがありませんでした。。

また、私が印象的に残ってるシーンは・・・ひとみさんのヘアスタイルは当時は短めでしたが、イメージチェンジではエレガントなスタイルにしていただきました。再入場のシーンでひとみさんの違うイメージに一瞬はシーンとした静けさの後にとても大きな拍手が起こりました。その後お二人がメインテーブルに向かう時にひとみさんはたくさんのお友達に「かわいい」とか「キレイ」とかたくさんの言葉をかけてもらっていて、それを新郎さまが嬉しそうな顔をして見ていたのが今でも心に残っています。その後はお二人セレクトのワインをゲストのお一人、お一人にサービスしてゲストとの会話も盛りだくさんで過ごしていただきました。ここではホームパーティを意識してエプロンを付けて進めたことも好評でした。お二人らしく和やかでゆったりとしたアットホームな1日を過ごしていただきました。

« Wedding News! | メインページ | アーカイブ | What's new »

このページのトップへ

information

店内イメージ

リストランテサルーテ竹芝

東京都港区海岸1-16-1
ニューピア竹芝サウスタワー3F

JR浜松町から徒歩10分
ゆりかもめ竹芝駅から徒歩1分(竹芝駅から71m)

営業時間:11:00~22:30
ランチ営業 (ラストオーダー 21:30)

定休日:無休

ロゴ

座席数:100席
貸切可(50人以上)